森と魚デザイン舎

コンセプト

山と川の間のようなところで生まれ育ちました。

元々、山があって川が流れていて、
どこか良さそうなところを耕して人が町を作ったので、
それは当たり前のことですが。
どこを見渡しても山があって、
川へ行けばひんやりとした水の底に丸い石ころが見えました。

デザインは、人がより良く暮らしていくためにあるものです。

人はデザインされたものを見て、知りたい情報を知り、
行きたいところに行けたり、見たことのなかったものを見ます。

森と魚のデザインは、
わたしたちの暮らしのそばに本当はいつも森があって木があって、
海があって川があること。
そこにたくさんの生きものが暮らしていること。
人はその恵みを分けてもらっていること。

それらを思い出してもらえるようなデザインを作ります。

そして、そのデザインを通して、
環境問題や自然・野生動物の保護、アニマルライツ、地域振興など、
何か力になれることはないだろうか、と思っています。

そういった問題や活動に関連する企業・団体・個人の方で、
ウェブサイトの制作や印刷物の制作が必要な方は、
ご予算や条件面など、ご相談に応じますのでぜひご連絡ください。

うめたろう(猫)について、もぜひお読みください。

ニジマス